世界の美術館

「睡蓮、緑の反映」 クロード・モネ

睡蓮、緑の反映
年代:1914年-18年
製法:油彩、カンヴァス

モネの池への関心は、風景から水面へと映っていった。

この作品は、8の字型に連続し、終わりなく続いてゆくオランジュリー美術館のために描かれたもの。

モネが構想した縦2メートル、横20メートルを越す大壁画の一部分だ。見る者はまるで池の中に立って、自然のハーモニーに身をゆだねるような思いにとらわれる。

    スポンサードリンク