世界の美術館

最新コラム

【コラム】美術の皮膚(18)「中世という暗黒時代」
今までの連載はコチラから 著名な(英)経済学者によると、世界の平均寿命は19世紀初頭までは、わずか24~25歳で、19世紀に入ってもまだ30歳程度だったらしい。戦争や飢饉、伝染病といった社会情勢が影響しているのだとは思うけれど、それにしても...
【コラム】美術の皮膚(17)「やっぱり画家は長寿?」
今までの連載はコチラから 才能を惜しまれて夭折した画家の物語は、時にドラマチックに語られるけれど、おめでたい長寿は、ミケランジェロ(89歳)やピカソ(92歳)は知られているとしても、あまり話題にならない。少なくとも僕は、シャガールの絵は知っ...
【コラム】美術の皮膚(16)「長寿の画家たち」
今までの連載はコチラから 「19世紀以前に、後世に影響を与えた画家たち」の中で、ヴェネツィア絵画最大の巨匠(伊)ティッツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488頃~1576)を、当時では珍しい長寿だと紹介したけれど、現在の世界の平均寿命でも約70...
More

世界の名画ピックアップ

「ポンパドゥール夫人の肖像」 モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

「ポンパドゥール夫人の肖像」 モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール

ポンパドゥール夫人の肖像 作者:モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール 年代:1752年 製法:パステル、紙 収蔵美術館:ルーブル美術館 パステル画の名手モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥールの代表作として知られている作品。 ポンパドゥール夫人...
「ルイ十四世の肖像」 リゴー(イアサント・リゴー)

「ルイ十四世の肖像」 リゴー(イアサント・リゴー)

ルイ十四世の肖像 作者:イアサント・リゴー 年代:1701年 製法:油彩、カンヴァス 収蔵美術館:ルーブル美術館 リゴーは宮廷の貴人の肖像画家として名を成したが、特にこの作品で有名である。 太陽王と呼ばれ、フランス絶対王政を確立し、さらにヴ...
「大法官セギエ」 ル・ブラン(シャルル・ル・ブラン)

「大法官セギエ」 ル・ブラン(シャルル・ル・ブラン)

大法官セギエ 作者:シャルル・ル・ブラン 年代:1661年 製法:油彩、カンヴァス 収蔵美術館:ルーブル美術館 ルイ十四世の統治下、コルベールの後ろ盾を受けたル・ブランは、1664年に設立された王立アカデミーの指導者として、ヴェルサイユ宮殿...
「東方三博士の礼拝」 ヤン・ブリューゲル(父)

「東方三博士の礼拝」 ヤン・ブリューゲル(父)

作者:ヤン・ブリューゲル(父) 年代:1598年 製法:油彩、銅板 収蔵美術館:ウィーン美術史美術館 ヤン・ブリューゲル(父)は、ピーテル・ブリューゲル(父)の次男で、ピーテル・ブリューゲル(子)の弟。アントウェルペンを中心に活躍し、ネーデ...
「青い花瓶の花」 ヤン・ブリューゲル(父)

「青い花瓶の花」 ヤン・ブリューゲル(父)

作者:ヤン・ブリューゲル(父) 年代:1608年頃 製法:油彩、板 収蔵美術館:ウィーン美術史美術館 ヤン・ブリューゲル(父)は、ミニアチュール的風景画のほかに、花の絵にも優れ、「花のブリューゲル」の異名をとった。 この『青い花瓶の花』にも...
「マグダラのマリア」 リベーラ(ホセ・デ・リベーラ)

「マグダラのマリア」 リベーラ(ホセ・デ・リベーラ)

作者:リベーラ(ホセ・デ・リベーラ) 年代:1640-1641年頃 製法:油彩、カンヴァス 収蔵美術館:プラド美術館 リアリズムと明暗法の画家リベーラの真髄が発揮された一作である。 簡潔で調和のとれた構図、人体の繊細かつ生き生きとした表現は...
「学者たちの間の十二歳のイエス」 リベーラ(ホセ・デ・リベーラ)

「学者たちの間の十二歳のイエス」 リベーラ(ホセ・デ・リベーラ)

作者:リベーラ(ホセ・デ・リベーラ) 年代:1625年頃 製法:油彩、カンヴァス 収蔵美術館:ウィーン美術史美術館 スペイン支配下のナポリで活躍したリベーラは、17世紀スペイン絵画の黄金時代の巨匠のひとり。 カラヴァッジオの影響を強く受け、...
「天国」 ティントレット

「天国」 ティントレット

作者:ティントレット 年代:1518-1594年 製法:油彩、カンヴァス 収蔵美術館:アカデミア美術館 パラッツォ・ドゥカーレのサーラ・デル・マッジョール・コンシーリオに描かれたティントレット晩年の作品で、長く世界最大の油彩画としての立場を...
「奴隷を救う聖マルコ」 ティントレット

「奴隷を救う聖マルコ」 ティントレット

作者:ティントレット 年代:1518-1594年 製法:油彩、カンヴァス 収蔵美術館:アカデミア美術館 サン・マルコ同信会館のために描かれた連作のひとつで、ティントレットの初期作である。 キリスト教を信じる奴隷が主人より刑死の命を受け、広場...
世界の名画データベース
    スポンサードリンク