世界の美術館

セザンヌ(ポール・セザンヌ)

Category

ポール・セザンヌ

ポール・セザンヌ
Paul Cezanne
(1839年–1906年)

ポール・セザンヌ作品収蔵美術館一覧

セザンヌは、モネたち印象主義の画家が、自然の光から受ける瞬間の印象をとらえようとしたことに満足せず、さらに対象の実在を描き出し、ひとつの独立した造型の秩序を構築しようとした。

一代で成功した地方の銀行家の一人息子なのに絵に没頭する偏屈な人間として、孤独の中で築き上げたその芸術は、新印象主義のスーラとともに、20世紀美術に大きな変革をもたらしたキュビスムの道を招くものだった。型破りだが緊密な構図、明確な色彩感覚によるその作品は、20世紀になって世界各地の画家の目標として尊ばれた。

また晩年の水彩画の清澄な色感は近代の水彩画の基礎となった。訪れる人とも会いたがらない淋しい晩年だったが、死後、現代絵画の父と言われているように、彼が現代の画家たちに与えた影響は極めて大きい。(田辺 徹)

    スポンサードリンク