世界の美術館

「カーテンのある静物」 ポール・セザンヌ

カーテンのある静物
年代:1895年頃
製法:油彩、カンヴァス

セザンヌの晩年の作品で、最も完成した静物画のひとつ。テーブルの上の果物を見ていると、セザンヌがいつも言っている「自分の感覚を通して物の実在に近づく」とはこのことを指しているかと思う。

構図は複雑で、果物の皿、その上の果物、水差し、テーブルクロス、分厚いカーテンのそれぞれが水平線と垂直線から外れながら、全体としてはこの上なく強い均衡を保っている。