世界の美術館

「モートン伯爵夫人アンナ・ダールキスとアンナ・カーク嬢」 ヴァン・ダイク (アンソニー・ヴァン・ダイク)

モートン伯爵夫人アンナ・ダールキスとアンナ・カーク嬢
年代:1630年代後期
製法:油彩、カンヴァス

ウァン・ダイクはイギリスのチャールズ一世の宮廷画家となり、多数の肖像画を描いた。

42歳で没するその短い人生を思うと濫作と言いたいくらい多いが、彼は熱達した肖像画家で、ほんのわずかの間にモデルを写すことができた。

これも一目で彼の作品とわかる典型的な作品だが、その優雅で洗練された仕上がりを見れば、彼の肖像画がもてはやされた理由がよくわかる。

解説:田辺 徹(美術評論家)