世界の美術館

「自画像」 ヴァン・ダイク (アンソニー・ヴァン・ダイク)

自画像
年代:1621年頃
製法:油彩、カンヴァス

ヴァン・ダイクは、しばしば自分の姿を自画像や宗教画の登場人物(例えば聖セバスティアヌス)として描いたが、この自画像は早くから天才と呼ばれた若き画家の芸術家としての自負心を物語っている。

画家は、あたかも貴公子であるかのように絹の服を身にまとい、黄金の鎖を着けている。

彼は、作品と彼自身のエレガンスによって、イギリスのチャールズ一世の宮廷での寵児(ちょうじ)となったのであった。

解説:有川 治男(学習院大学 教授)