世界の美術館

「レウキッポスの娘たちの略奪」 ルーベンス(ピーテル・パウル・ルーベンス)

レウキッポスの娘たちの略奪
年代:1618年頃
製法:油彩、カンヴァス

ゼウスとレダの問に生まれた双子のカストルとポルクスが、アルゴスの王レウキッポスのふたりの娘ヒラエイラとポイベを妻にするべく、さらっていくというギリシャ神話中の挿話を描き出したもの。

人物と馬との複雑な組み合わせを四角い両面の中に完全に収めきった巧みな構図は実にみごとである。

アルテ・ピナコテークの数あるルーベンス作品の中でも最も有名なものである。