世界の美術館

「ルーベンスとイサベラ・ブラント」 ピーテル・パウル・ルーベンス

ルーベンスとイサベラ・ブラント
年代:1609年頃
製法:油彩、板に貼り付けたカンヴァス

ルーベンスは、1609年にアントウェルペンの都市貴族で市の書記であったヤン・ブラントの長女イサベラと結婚したが、この肖像画はその折に描かれ、おそらく花嫁の両親に贈られたもの。

丹念な仕上がりと繊細なきらびやかさは、この作品を美術史上最も洗練された画家の自画像のひとつとしている。

スイカズラは「年を経るほど麗しくなる」ということで、結婚の美徳の象徴とされる。