世界の美術館

「自画像」 レンブラント・ファン・レイン

自画像
年代:1652年
製法:油彩、カンヴァス

レンブラントが描いた自画像は、約60点ほどが現存する。ごく初期から晩年にわたるその自画像の系列のうち、この1652年の自画像は、ひとつの転換点に位置している。

初期の自画像において常に華麗な服装を身にまとっていたレンブラントは、ここでは地味な部屋着を着けているが、それは彼の目がよりいっそう、外面的なものから内面へと向かっていったことを物語っている。レンブラントの後半期の始まりである。