世界の美術館

「キリスト哀悼」 ヘールトヘン・トット・シント・ヤンス

キリスト哀悼
題名:キリスト哀悼
年代:1484年以降
製法:油彩、板

ヘールトへン・トット・シント・ヤンスの代表作とされるのは、磔刑図(たっけいず)を中央画とするハールレムの聖ヨハネ騎士団礼拝堂のための主祭壇画である。

この祭壇画は16世紀に破壊され、現在では、その右翼外面『聖ヨハネの遺骨』と内面『キリスト哀悼』だけが、ウィーン美術史美術館に所蔵されている。

いずれも、翼画ながら堂々たる構図を持った画面となっている。

解説:有川 治男(学習院大学 教授)