世界の美術館

「豆王の祭」ヨルダーンス(ヤーコブ・ヨルダーンス)

豆王の祭
題名:豆王の祭
年代:1656年以前
製法:油彩、カンヴァス

主の公現の祝日に民衆の間で行われていた「豆王の祭」の様子を描いたもの。

ケーキの中に隠された1粒の豆を見つけた者がその日の王様となり、一座の最も美しい女性を妃に、他の者を家臣とし、大いに飲み、食べるという祭りである。

ルーベンスの弟子であったヨルダーンスは、師の作風をよく受け継ぎ、宗教画や神話画を手がける一方、師の作品には見られなかった卑俗な表現を取り入れ、本作品のような風俗画にも新しい境地を開いた。

解説:有川 治男(学習院大学 教授)