世界の美術館

「サスキアの肖像」 レンブラント・ファン・レイン

サスキアの肖像
年代:1633年
製法:油彩、板
収蔵美術館:ドレスデン絵画館

サスキアはレーウワルデンの元市長の娘で、1633年にレンブラントと婚約、翌年彼と結婚した。

1633年の年記の入ったこの肖像画は、従って婚約の年に描かれたものであり、ベルリン絵画館にある1633年の自画像の対として描かれたものと推測されている。

レンブラントは多くの自画像を残したことで有名であるが、妻や母、息子など、家族の姿もしばしば描いている。