世界の美術館

「システィーナのマドンナ」 ラファエロ・サンティ

システィーナのマドンナ
年代:1512/13年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ドレスデン絵画館

ラファエロの作品の中でも最もよく知られた傑作のひとつである。

聖シスト(258年に殉教したローマ教皇)と聖バルバラを伴う聖母子が描かれたこの大作は、もともとピアチェンツアの聖シスト教会の主祭壇画として、当時の教皇ユリウス二世によって注文されたもので、聖シストの顔にはユリウス二世の容貌が用いられている。

1754年にドレスデン絵画館にもたらされて以来、同館の最も有名な作品となっている。

解説:有川 治男(学習院大学 教授)