世界の美術館

「ドレスデン祭壇画」 アルブレヒト・デューラー

ドレスデン祭壇画
年代:1496年頃
製法:テンペラ、麻布
収蔵美術館:ドレスデン絵画館

中央に幼児キリストを礼拝する聖母、左翼に聖アントニウス、右翼に聖セバスティアヌスを表したこの祭壇画は、古くよりドレスデンにあるため「ドレスデン祭壇画」と通称される。

デューラーの最も初期の重要な宗教画として知られるが、人体表現、空間表現にはまだ硬さを残しており、また中央画と翼画との間には様式的相違も感じられる。

おそらくザクセンのフリードリヒ賢公の注文によって描かれたものであろう。