世界の美術館

「ヴェネツィア婦人の肖像」 アルブレヒト・デューラー

ヴェネツィア婦人の肖像
年代:1505年
製法:油彩、板

この作品は、1505年から1507年にかけてのデューラーの第二次ヴェネツィア滞在の折、同地で描かれたものである。

デューラーは、このヴェネツィア滞在中にイタリア・ルネサンス美術を改めて学び、その成果として、帰国後、『アダムとエバ』、『ランダウアー祭壇画』なとの大作を描いた。

この若いヴェネツィア婦人の肖像にも、ドイツ風の線的な描写とヴェネツィア風の柔らかい陰影づけによる描写の融合が見られる。