世界の美術館

「ランダウアー祭壇画:聖三位一体の礼拝」 アルブレヒト・デューラー

ランダウアー祭壇画:聖三位一体の礼拝
年代:1512年
製法:油彩、板

デューラー最後の祭壇画であるこの大作は、最後の審判ののちに出現する神の国において、旧約の人物たち、諸聖人、選ばれた者たちが、聖三位一体(父、子、聖霊)を礼拝するという場面を表している。

ニュルンベルクの商人マットイス・ランダウアーが、ある礼拝堂へ寄進したもので、彼の姿が画面左手に描き込まれている。また画面右下隅には、署名年記の記された板を持つデューラー自身の姿が見える。