世界の美術館

「アンシデイ家の聖母」 ラファエロ・サンティ

アンシデイ家の聖母
年代:1505年
製法:油彩、板

中央の聖母子を囲む2聖人は、画面右がミュラ(バーリ)の聖ニコラウスで、画面左が洗礼者聖ヨハネである。

構図全体には師匠のペルジーノの影響が依然見られるが、厳格なモニュメンタリティーによって、より安定した空間構成を築いている。

この、いわゆる《サクラ・コンヴェルサツィオーネ(聖会話)》形式は、フラ・バルトロメーオをはじめとするフィレンツェの盛期ルネサンスの画家に影響を与えている。なお、この絵はペルージアで描かれた。

解説:田辺 清(大東文化大学 教授)