世界の美術館

「アニエールの水浴」 ジョルジュ・スーラ

アニエールの水浴
年代:1883/84年
製法:油彩、板

スーラはパリで生まれ、パリで没したフランスの画家で、新印象派の創始者である。

この『アニエールの水浴』は、最初のアンデパンダン展に出品したものであるが、建物内の本会場にではなくバーに陳列されたため、あまり人の目には触れなかったらしい。

しかし、ルネサンス絵画を思わせるモニュメンタリティーが細部のモティーフを包み込みながら夏の日の午後の情景を鮮やかに演出しており、スーラにみごとなデビューを飾らせている。

解説:田辺 清(大東文化大学 教授)