世界の美術館

「ある老人の肖像」 レンブラント・ファン・レイン

ある老人の肖像
年代:1654年
製法:油彩、板
収蔵美術館:ドレスデン絵画館

レンブラントが円熟期に差しかかった1650年代半ばの特徴を示す肖像画である。

明暗の効果は、限られた色彩の階調の中で、現実の対象や空間の描写に従属するのではなく、空間の中における対象の内面的意味合いに沿うようになってくる。

われわれ、この絵を見る者は、闇の中に浮かび上がるこの老人の顔に、モデルの個性的特徴というよりも、普遍的な人間の内面性といったものを見るであろう。