世界の美術館

「サント=ヴィクトワール山」 ポール・セザンヌ

サント=ヴィクトワール山
年代:1900年頃
製法:油彩、カンヴァス

セザンヌは晩年、南フランスのエクス・アン・プロヴァンスに住んでいたが、繰り返しサント=ヴィクトワール山の見える丘に登って、この山を何回も描いた。

その描き方は、初め薄い青色を塗り、そのあとへ様々な色をばらばらに置き、それらをだんだん濃くしていくと、隣の色との境目がはっきりしてきて形体ができるというものである。この作品でも筆触を重ねながら色の調子を整えて、山や樹木を描いていく道筋がわかる。