世界の美術館

「果物をもつ女」 ポール・ゴーガン

果物をもつ女
年代:1893年
製法:油彩、カンヴァス

衰弱したヨーロッパの文明とは無縁の未開の地の自然と色彩を求めて、ゴーガンはタヒチ島に渡り、そこで神秘的な自然と生命をともにしている原住民の神話と風習に触れる。

この作品では村の中の広場にひとりの女が静かに立っている。これ以上できないほどに単純化された家屋と樹木が作る色面と色面が完全な均衡を保って、女は永遠の大地の上に威厳をたたえて立っている。タヒチ時代の代表作のひとつ。