世界の美術館

ゴッホ美術館

Category

ゴッホ美術館

ゴッホ美術館

ゴッホ美術館 収蔵絵画の画家一覧

オランダ/アムステルダム

アムステルダムにあるオランダ国立美術館。生前、全く作品の売れなかったゴッホは、画商をしていた弟テオの経済的援助を受けながら制作を続け、作品の大半をテオに送っており、それらの作品はテオの死後もその妻ヨハンナや息子のフィンセントによって保管されていた。

このゴッホ家のコレクションは、1931年にアムステルダム市に寄託され市立美術館で展示されていたが、1973年に国立ゴッホ美術館が開設されてそこに移された。

ゴッホの油彩作品約200点、素描約500点のほか、テオの収集したベルナール、トゥルーズ=ロートレックなどの近代フランス美術、兄弟が所有していた浮世絵のコレクション、ゴッホの書簡などが保管され、ゴッホ研究の中心となっている。(喜多崎 親)

収蔵絵画
    スポンサードリンク