世界の美術館

「黄色い家」 フィンセント・ファン・ゴッホ

黄色い家
年代:1888年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ゴッホ美術館

アルルに移ったゴッホは、修道院のような芸術家の集団生活を夢見てラマルティーヌ広場に面したこの黄色い家を借りたが、やって来たのは、結局ゴーガンただひとりであった。

二人は1888年の10月末から2ヵ月ほど一緒に暮らすが、次第にうまくいかなくなり、ゴッホは有名な耳切り事件を起こし、ゴーガンはパリへと去った。

9月に描かれたこの黄色い家の絵には、まだ共同生活にかけるゴッホの期待感が溢れている。

解説:喜多崎 親(一橋大学大学院 教授)