世界の美術館

「自画像」 フィンセント・ファン・ゴッホ

自画像
年代:1889年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

ゴッホは生涯に約40点の自画像を描き、自らを仮借なく分析し続けた。

激しい発作が繰り返されたサン=レミ時代、9月にようやく小康状態を得た画家は、自画像を3点制作している。

「ぼくはまた元の力を取り戻した[・・・・・・・・]今描き終えた明るい背景の自画像をパリ時代の自画像のそばに並べたら、今の方がずっと健康そうに見えることがわかるに違いない。」

しかし、鋭い眼光はその奥に不安を秘めている。

解説:廣田 治子(多摩美術大学/青山女子短期大学 講師)

    スポンサードリンク