世界の美術館

「赤い浮標、サン=トロペ」 シニャック (ポール・シニャック)

赤い浮標、サン=トロペ
年代:1895年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

スーラやシニャックは新印象派と呼ばれた。

シニャックはスーラの影響を受けて点描をはじめたのだが、スーラの突然の死を受けて、新印象派をかつぐかっこうになった。

社交的だったシニャックは新印象派のスポークスマンとなり、スーラの遺志をついで点描の理論を体系づけた本を出版したりと活躍した。