世界の美術館

「オルナンの埋葬」 ギュスターヴ・クールベ

オルナンの埋葬
年代:1849-1850年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

幅7メートル近い大画面に、クールベの故郷オルナンの50人ほどの人々が描かれており、サロン出品の際には「オルナンにおけるある埋葬の歴史画」という題名がついていた。

古典文献にある出来事や英雄の偉業を描くのが歴史画と信じていた画壇の常識を、彼はゆさぶった。熱心な共和主義者のクールベは、名もない村人の死も「歴史画」になりうるという主張を込めて、レアリスムの画家としての大きな一歩を踏み出したのである。

解説:隠岐 由紀子(帝京平成大学専任講師/美術史家)