世界の美術館

「医師ポール・ガッシェ」 フィンセント・ファン・ゴッホ

医師ポール・ガッシェ
年代:1890年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

1890年5月、北仏に戻りたいと望んだゴッホは、カミーユ・ピサロの薦めで精神科医ガッシェのいるパリ近郊のオーヴェールに落ち着く。

多くの画家の友人で芸術に造詣が深く、感受性の強いガッシェにゴッホは心を通わせた。

画家によれば、背景の青い丘、群青色の服にくっきりと浮かぶ顔と白い手によって、“悲嘆に暮れた現代の表情をした”医師の肖像を描き出した、という。

赤いテーブルの上のジギタリスの花は自然治療を意味している。

解説:廣田 治子(多摩美術大学/青山女子短期大学 講師)