世界の美術館

「ジョゼフ・ルーランの肖像」 フィンセント・ファン・ゴッホ

ジョゼフ・ルーランの肖像
年代:1889年
製法:油彩、カンヴァス

気難しい外国人ゴッホに対するアルルの人々の反応は決して温かいものではなかったが、それでも何人かの友人はできた。

中でもアルル駅で郵便物の管理をしていたジョゼフ・ルーランの一家の存在は、家族のいないゴッホにとって大きな慰めであった。

ゴッホは彼とその妻子をさまざまな様式で繰り返し描いている。