世界の美術館

「馬鈴薯を食べる人々」 フィンセント・ファン・ゴッホ

馬鈴薯を食べる人々
年代:1885年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ゴッホ美術館

オランダ時代のゴッホは、暗い色調で農民たちの生活を描いていた。この作品はその時期の代表作で、一家が夕食に馬鈴薯(バレイショ)を食べている様子が描かれている。

労働に高い評価を与えていたゴッホは、ここで馬鈴薯を食べている手が、まさにそれを作った手でもあることを描き出そうとしたのだという。

解説:喜多崎 親(一橋大学大学院 教授)