世界の美術館

「ひまわりを描くファン・ゴッホ」 ポール・ゴーガン

ひまわりを描くファン・ゴッホ
年代:1888年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ゴッホ美術館

ゴーガンがゴッホと暮らしたのは、わずか2ヶ月間のこと。その間にゴーガンはこの絵を描いた。

この絵を見たゴッホは、「確かにぼくだ。しかし発狂した時のぼくだ」と口にしたと伝えられている。

この後、ゴッホが自ら耳を切り落とすという事件が起こり、ゴーガンはアルルを去る。この絵は二人が暮らした記念碑的作品のひとつ。

    スポンサードリンク