世界の美術館

「白い馬」 ポール・ゴーガン

白い馬
年代:1898年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:オルセー美術館

第2次タヒチ滞在中の傑作のひとつ。深い青と緑の織りなす神秘的な風景の中心にいて沼の水を飲む馬のポーズは、パルテノンのフリーズ彫刻からの借用である。画家は古代ギリシャやローマの彫刻、ボッティチェ@ルリ、ボロブドゥール彫刻、北斎、その他古今東西の芸術の写真をタヒチに携えてきていた。

彼の創造のプロセスにおいて、自在な借用はイメージの構築に重要な役割を果たしており、視覚体験に豊かな芸術性、普遍性を付与している。(廣田)