世界の美術館

「グランド・ジャット島の日曜日の午後」 ジョルジュ・スーラ

グランド・ジャット島の日曜日の午後
年代:1884-86年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:シカゴ美術館

画家は点描という新しい描き方によるこの作品で最後の印象派展に登場した。

横3メートル縦2メートル。スーラが2年の歳月をかけて制作した記念碑的大作だ。

グランド・ジャット島はセーヌ川の中洲で、アニエールのほぼ対岸。こちら岸では新興ブルジョア階級の人々が思い思いに日差しを楽しんでいる。約40人が描かれている。