世界の美術館

名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

Bulurenagoya
  • 会場名古屋市美術館
    〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-17-25
  • 会期:2018年7月28日(土) ~ 9月24日(月・休)
  • 休館日:毎週月曜日(ただし8月13日、9月17日、24日は除く)、9月18日(火)
  • 開館時間:午前9時30分~午後5時(毎週金曜日は午後8時まで)
    ※入場は閉館の30分前まで

本展ではドラクロワ、ドガ、マネ、ルノワール、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、マティス、ピカソ…「この絵はビュールレ・コレクションにあったのか!」と驚く、豪華な作家たちの競演が繰り広げられます。

特に印象派・ポスト印象派の作品は傑作揃いで、絵画史上、最も有名な少女像ともいわれるルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》とセザンヌの《赤いチョッキの少年》は印象派の中でも人気の高い両巨匠の「最高傑作」として知られています。

ドイツに生まれ、スイスで後半生をすごしたエミール・ゲオルク・ビュールレは、第一次・第二次世界大戦を経験し、実業家として成功して富を築きました。彼は心の拠りどころとして美術作品を収集し、コレクションはチューリヒにある邸宅の隣の別棟に飾られました。

彼の死後、別棟は美術館として一般公開されましたが、スイス国外にコレクションがまとまって公開されたのは過去に数回のみでした。2008年、世界的に報じられた4点の絵画盗難事件以来、一般公開が規制され、2020年にチューリヒ美術館に全コレクションが移管されることになりました。今回はビュールレのコレクターとしての全体像がみられる最後の機会です。

公式サイト