世界の美術館

「イサベル王女とカタリーナ王女」 コエーリョ(アロンソ・サンチェス・コエーリョ)

イサベル王女とカタリーナ王女
題名:イサベル王女とカタリーナ王女
年代:1569-1570年頃
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:プラド美術館

コエーリョは、フランドルでモルに学び、スペイン宮廷における肖像画の典型を継承した。

細部の描写、とりわけ宝石や衣装の質感の描出に優れている。

この作品は、フェリペ二世の愛らしい二人の娘を描いたもので、のちに姉はオーストリアの大公妃となり、妹はサボアの公爵夫人となる。

解説:木下 亮(昭和女子大学 教授)