世界の美術館

「堕罪」、「贖罪」ー ヒューホ・ヴァン・デル・グース

「堕罪」、「贖罪」
年代:1470/75年頃
製法:油彩、板

グースは、ヤン・ヴァン・エイクやウェイデンのあとを継ぎ、15世紀後半のネーデルラント絵画を導いた画家のひとり。

この二連画は、彼の初期作品と考えられ、「堕罪(だざい)」(禁断の木の実を採るアダムとエバ)と「贖罪(しょくざい)」(死せるキリスト)という主題を対として描き出している。

ヤン・ヴァン・エイク風の木々や草花の細密な描写を見せる左翼とウェイデン風の鮮やかな色彩が目を引く右翼の対比もみごとである。

    スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)