世界の美術館

「大司祭コレシュスの犠牲」 ジャン・オノレ・フラゴナール

大司祭コレシュスの犠牲
年代:1765年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ルーブル美術館

フラゴナールがイタリア留学から帰国後の1765年に王立アカデミーへの入会を志願して提出した作品。

主題はギリシャ神話による。カリュドンの王女カリロエは、ディオニュソス神に仕える大司祭コレシュスの求愛を拒んだが、その結果カリュドンの市民は神の怒りによって狂気の発作に取りつかれた。

それを鎮めるため犠牲としてカリロエが選ばれるが、コレシュスは彼女への愛ゆえ身代わりに自らを犠牲にしたという話である。(太田)