世界の美術館

「秘密のキス」 ジャン・オノレ・フラゴナール

秘密のキス
年代:1780年代末
製法:油彩、カンヴァス

フラゴナールはブーシェの弟子で、女の描き方を師から盗んだただひとりの弟子と言われたが、それもフラゴナールが、人々の求めに応じて、どんな刺激的な官能の場面でも描き分けられる才知を持った達者な画家だったからだ。

いかにも機知の効いた、都会風の風俗画家であった。この作品は比較的晩年のもので、達者で、自由な筆致を特徴とする画家としては、ダヴィッドの新古典主義のような硬い描写だが、時代の好みに敏感な彼らしい描き方である。