世界の美術館

「ナポレオンの戴冠式」 ジャック・ルイ・ダヴィッド

ナポレオンの戴冠式
年代:1806-1807年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ルーブル美術館

ナポレオン皇帝第一画家であったダヴィッドの畢生(ひっせい)の大作である。

ナポレオンから、1804年12月2日にパリのノートルダム大聖堂で行われた皇帝戴冠式を制作するよう命じられたダヴィッドは、約3年の歳月を費やして、この、皇帝と言うよりはむしろ皇后ジョゼフィーヌの戴冠式に焦点を当てた一大記録画を完成させた。

その大きさ、式典の華麗な描写、劇的な明暗の対比など、まさにダヴィッド芸術の集大成と言えよう。(橋)