世界の美術館

「モルトフォンテーヌの思い出」 ジャン=バティスト=カミーユ・コロー

モルトフォンテーヌの思い出
年代:1864年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ルーブル美術館

19世紀フランスを代表する風景画家コローは、初期にあっては堅固で明解な構成の風景を描いていたが、1850年頃から銀灰色のヴェールがかけられたロマンティックな風景画へと表現が変わっていった。

この作品はそうした銀灰色の樹葉がまばゆくそよぎ、見る者をノスタルジックな気分に誘うコロー晩年の傑作のひとつである。

モルトフォンテーヌは、パリの北、約30キロの所にある小さな村で、風光明媚な所として有名である。(橋)

    スポンサードリンク