世界の美術館

「真珠の女」 ジャン=バティスト=カミーユ・コロー

真珠の女
年代:1868-1870年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ルーブル美術館

風景画家として名を成したコローは、また肖像画の名手でもあった。

この作品のモデルの少女は頭部に木の葉を飾りつけているが、額の1枚はきらめいた影をなしており、それが真珠のように見えたことから、『真珠の女』と呼ばれるようになった。

構図や彼女のポーズは、明らかにレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』から採られており、この巨匠への敬意が認められる。いずれにせよ、肖像画家としての才能が十分開花したコローの代表作である。(橋)