世界の美術館

「岩窟の聖母」 レオナルド・ダ・ヴィンチ

岩窟の聖母
年代:1506/08年頃
製法:油彩、板

ルネサンスを代表する画家、科学者であったレオナルド・ダ・ヴィンチは、「万能の天才」というキャッチフレーズが示すように、芸術以外の分野にも食指を伸ばし、実験と挫折を繰り返す生涯を送った。そこには、「経験の弟子」と自らを称したレオナルド・ダ・ヴィンチの信念が見られる。

この作品は、作者の帰属が問題になっていたが、やはりレオナルド・ダ・ヴィンチ自身の円熟期の傑作とみるべきだろう。近年、本作の経緯を示す記録も見つかっている。