世界の美術館

「受胎告知」 レオナルド・ダ・ヴィンチ

受胎告知
年代:1472-1475年
製法:油彩、板
収蔵美術館:ウフィーツィ美術館

一般にレオナルド・ダ・ヴィンチの若い頃の作品とされるが、この帰属には19世紀以来論争が繰り返されてきた。

確かに、お告げをする大天使ガブリエルを『キリストの洗礼』に描かれた天使と比較すると、その表情は表層的で精神性といったものまでは感じられない。

しかしながら衣の襞(ひだ)や背景の山々は実に巧みに描かれており、さらにこの『受胎告知』のためにレオナルド・ダ・ヴィンチが手がけたと思われる素描が何枚か残っていることから、彼の介在は動かし難いとされている。

    スポンサードリンク