世界の美術館

「ラ・プリマヴェーラ(春)」 サンドロ・ボッティチェッリ

ラ・プリマヴェーラ(春)
年代:1482年頃
製法:テンペラ、板
収蔵美術館:ウフィーツィ美術館

ヴィーナスの誕生』とともにボッティチェッリの代表作である。

ここでも登場人物は画面手前に大きく描かれ、背景は生い茂る木々によって閉鎖されており、見る者に奥行きを感じさせない。春の女神「プリマヴェーラ」の衣に施された実に細密な花模様、三美神の透明なヴェールが織り成す線の優美さといい全体に中世的であり、当時の流行様式とは趣を異にしている。

とはいえ現代では、このボッティチェッリ独自の華麗な装飾美を否定する者はだれもいないであろう。

・「ヴィーナスの誕生」 サンドロ・ボッティチェッリ