世界の美術館

「イヴリーの戦いにおけるアンリ四世」 ピーテル・パウル・ルーベンス

イヴリーの戦いにおけるアンリ四世
年代:1628-1631年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ウフィーツィ美術館

フランス王妃マリー・ド・メディシスは、自分の生涯と亡き夫アンリ四世の生涯をパリのリュクサンブール宮殿に描くよう、当時ヨーロッパでも随一の名声を博していたルーベンスに依頼した。

そして1625年に21枚の大画面からなる『マリー・ド・メディシスの生涯』(現在、ルーヴル美術館所蔵)を完成させたのち、ルーベンスは『アンリ四世の生涯』の構想を練るが、結局それは未完成のままに終わる。本油彩画はこの連作の1枚になるはずであった作品の習作である。