世界の美術館

「聖母子」 フィリッポ・リッピ

聖母子
年代:1465年頃
製法:テンペラ、板
収蔵美術館:ウフィーツィ美術館

フィリッポ・リッピは修道士でありながら、尼僧ルクレツィア・ブーティと恋に落ち、彼女との間に息子フィリッピーノを生む。

世俗的な椅子に腰かける聖母とふたりの天使に支えられた幼児キリスト。この何とも可憐な聖母と愛らしいキリストは、ルクレツィアとフィリッピーノをモデルにして描かれたと言われている。