世界の美術館

「ボート」 エドゥワール・マネ

ボート
年代:1874年
製法:油彩、カンヴァス

この作品は、1870年以降のマネと印象派との関係を示すものとして興味深い。ここに描かれているのは、セーヌ河面のボートの上で絵を描くモネの姿(奥にはモネ夫人の姿も見える)。

印象派の第1回展が開かれた1874年の作品である。現場主義をとるモネの制作態度や、明るい色彩のタッチを用いた印象派の技法が、大先輩マネの様式にも変化を生じさせたことを、まさにこの絵ははっきりと物語っているのである。