世界の美術館

「十字架を運ぶキリスト」 ボス (ヒエロニムス・ボス)

十字架を運ぶキリスト
年代:1480/90年頃
製法:油彩、板

スヘルトーヘンボスという小都会で制作したヒエロニムス・ボスは、ネーデルラント絵画の流れの中では特異な独行者と考えられる。

とはいうものの、幻想味を帯び、時には現実諷刺の鋭く効いた彼の作品は、当時から広く知られていたし、のちにその作風はピーテル・ブリューゲルに引き継がれた。

もとは小祭壇画の翼画であったこのパネルには、ゴルゴタの丘へ十字架を運んでいくキリストの姿が、15世紀当時の風俗模様の中に描かれている。