世界の美術館

「迷惑な求婚」 アントワーヌ・ヴァトー

迷惑な求婚
年代:1716年頃
製法:油彩、テンペラ、板

ヴァトーはロランと同様、詩情に溢れる大気に満たされた風景を描いた。

繊細な光の中の林間の空き地に優雅な男女が集い、音楽に聴き入り、また歌に合わせてステップを踏んでいる。

背を向けた3人の女たちに、もの憂げな愁いがあり、「雅な宴」と言われる作品の典型。立っている男女の視線がもつれ合い、まるで舞台を見ているようで、現実の世界に詩を与え、演劇化するヴァトーの魅力が溢れている作品だ。