世界の美術館

「アルジェの女たち」 ウジェーヌ・ドラクロワ

アルジェの女たち
年代:1834年
製法:油彩、カンヴァス
収蔵美術館:ルーブル美術館

フランス・ロマン主義の代表的画家ドラクロワは、1832年にモロッコ旅行をして、アフリカの明るい光を発見したと言われている。その成果として、彼はたくさんの水彩によるスケッチをフランスに持ち帰った。

同時に、この旅行でアルジェの後宮に立ち寄ったドラクロワは、エキゾチックで官能的なオリエンタリスムの世界を発見する。その結果この作品が生れた。彼はこの画面に、ダイナミックな世界とは異なる、豪奢(ごうしゃ)で秩序だった静寂が支配する桃源郷を表現したのだ。(橋)