世界の美術館

「扇をもつ娘」 ルノワール (オーギュスト・ルノワール)

扇をもつ娘
年代:1881年
製法:油彩、カンヴァス

ルノワールは1881年にイタリアヘ旅行して、ルネサンス期の絵画の偉大さに触れた結果、明確な輪郭と少ない色数で描いた絵が、かえって無限の階調を持っていることにショックを受け、印象派の方法によって崩れてしまったものの形体を取り戻そうとする。

この絵はその年に描いたもので、いわゆる“堅さ”を追求した古典主義的な作品。特に黒い髪に黒い目のはっきりした効果を意識している。

解説:田辺 徹(美術評論家)
    スポンサードリンク